mainimg

2011年11月の投稿一覧

にきびのできやすい肌

にきびのできやすい肌には特徴があります。

にきびができるのは、思春期の少年少女だといいます。

青春の印とも見なされるにきびですが、皮膚にできてしまうのは決して気持ちのいいものではありません。

にきびがティーンエイジャーに多いのは、ホルモンの分泌の影響を受けています。

個人差は大きいですし、お肌のケアが十分でないためににきびができやすい肌の状態になっている人もいます。

お肌のためにはにきびは1つも作らないことです。

にきびになってしまった場合でも、悪化させず治していきましょう。

逆ににきび肌をほおっておくことで、いつまでも炎症が続いたり、にきびが治った後も肌に痕がのこることもあるので、注意が必要。

肌質が脂性肌だと油脂の分泌が盛んで毛穴が目詰まりしやすく、化膿してにきびになりやすいといわれています。

思春期は新陳代謝が活発な時期であり、かつ、ホルモンの偏りが起きやすい年代でもあります。

肌から分泌される油脂の量が多いことがにきびの原因になります。

大人のにきびは、食べ物や日々の精神的ストレスも関係しているようです。

にきびになりやすい肌の場合は、スキンケアを毎日きちんと続ける ことで、肌トラブルを予防し、にきび対策ができます。

この頃は、にきび肌のための洗顔剤や基礎化粧品も販売されていますので、にきび予防に活用してください。

ニキビケア化粧品のおすすめ
ニキビケア化粧品ランキングではニキビが気になるあなたに口コミで評判、おすすめのコスメをご紹介します。
xn--cckvam6htb.cc/

▲Pagetop